スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
インプット。
あああ、おひさしゅうです。

ネタがない!と言い切りたいがそんな退屈な毎日じゃないし、ネタはあるんですが、いろんな人間関係でここには書けれなかったり。

やっぱりブログというのは色んな面をもっているなあと感じるわけですたい。


さいきん!

それでも感じる。

私って・・・不感症?と。


アダルト的な話じゃなくって~!!


インプットがきちんとされている毎日なのに、書けない。
或いは書かない。

それって、マンネリ化やサボリか、しがらみか。

確かにしがらみ(言い方悪いな・・・人間関係か。。)はあるだろう。

ただその中で自分が思ったこと、感じたこと、を人間関係をぼやかして書くことはできるだろう。
それをしないのは確かに選択だが・・・


あ~~~!!書くのをやめっ笑


つまり整理じゃ整理!!
メモッ、メモ帳!!

スポンサーサイト
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
巷の・・・
巷を騒がしているホワイトバンド

昨日は母から夕刊フジの記事が転送されてきた。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_09/t2005092201.html



アムネスティ・インターナショナルが若者の善意を利用したかのような。。

そして「自分の善意を踏みにじられたかのよう」に言う同世代。

趣旨を確認してから買え!!!!


かくいう私も、ホワイトバンドをつけている‘若者’

きっと母は衝撃を受けてメールを転送してくれたのだとは思うけど、

・・・知ってたよ?
って感じでした。

>> READ MORE
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
貴方の重要さ。
ハイ、また「クサい」題名です

最近好きなCMがあってね。

笑えて、面白いCMもいいけど、午後の紅茶みたいなあややにきゅんっていうCMもいいけど、

 公共広告機構
 
がグッと来ました。



命は大切だ。
命を大切に。
そんなこと、
何千何万回
言われるより、
「あなたが大切だ」
誰かが
そう言ってくれたら、
それだけで
生きていける。





貴方が大切だといわれること、言うことの大きさ。

相手に重要性を持たせてあげることの素晴らしさ。


今、この瞬間、あなたが大切で、
明日が、「今」の積み重ねだとしたら、
きっとずっと、私にとってあなたは大切なんだと思う。


きゃーーーてれる~~~!!
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
頑張る、の原点。
ちょこらが慕わせていただいている方で、受験期に「楽しめよ~」といい続けられた方がいた。

意味がわからん、というか、勉強は好きだったのでその勢いで受験を乗り切れってことかなあ、なんてずーーーーっと思っていた。

今思えば
私はひたすらにまっすぐだった。
自分としては周りに目が配れているつもりがしていた。

NEC_0071.jpg

>> READ MORE
COMMENTS (4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
素直さ。
素直になりなさい、とちょこらを諭した友人がいました。

嬉しい、楽しいってことは伝えなさいね。と。

それを聞いた人は君の言葉のおかげで嬉しくも楽しくもなって、もっと円滑になるよって。


それからというものの、ちょこらは嬉しいことは嬉しい、と、楽しかったよと伝えるようになりました。




でも、円滑じゃない言葉、さびしい、悲しい、は伝えないほうがいいんじゃないかと考え始めました。



そのほかの言葉、即ち、相手を困らせてしまう言葉は言わないほうがいいと。




自分が中に、中に、入り込んでいく気がしました。


あまりにも、背伸びをしすぎて疲れちゃったみたいです。



友人や大切な人達が離れていくのを、さびしいといわずに送り出すべきでしょうか、もう一度会いたいと言わないべきでしょうか。


皆さん、どう考えられますか??
COMMENTS (4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ただいま~~
た・だ・い・ま~~~~
いや~、久々の我が家!マイ・ルーム!

そんな気分に浸る時間はあんまりありませんでしたね笑

友人が昨晩夜中に電話をかけてきていたので、何かあるんだとかんじていましたが、どうやら大学を辞めるそうです。

彼はものすごく賢い人間だとちょこらは認識しています。

その彼が選んだ道ですから、ちょこら自身は何も聞きませんでした。
もしかしたら二度と会えないかもしれないのに、お互い最後に会って話そうなんていいませんでしたね。

波を打ち続ける2本のグラフがこの春初めて会って、また離れていく。でもきっとまたどこかで会える気がした。
運命の人だというと笑われて、おかしな話になっちゃいそうですが、
はじめて彼と話したとき、この人が私を成長させてくれる人物じゃないんかなって思いました。

今日は眠たいのでここまで。
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ライトな生活。
ライトという言葉が最近目立つ。

ライトな煙草、ライトなマヨネーズ、カロリーオフの食べ物だってライトな食べ物ってことだ。
ライト・ノベルっていうなる名前が聞こえだした気もする。

軽い小説やと!?

なんだ、なんだ?
どんな設定なん?

ということで、ウィキペディアで調べてみる。


フムフム。
目的は、娯楽ね。
携帯は、安価で挿絵付きが多い。・・そうともいえないのか。

は?
小説とライトノベルの境界線は曖昧だって?

・・・・じゃあ、なぜ、そんな言葉を作ったんやろう?

作家が頭をひねって作った小説を読者或いは編集者が「ライト」と称するのもなんだしな・・・

中身がライトってことは、その登場人物の生き方がライトって、軽いって、
意味が薄いってことなんだよね!?

・・・よ、よみたくねえ・・・笑
>> READ MORE
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
寂しがりや。
ちょこらは気づきました、自分が寂しがり屋だと!!

いやーーーー自分は何か没頭できることがあれば誰からもメールが来なくったって、話をしなくったって、そして親友らに会えなくったって、ガマンできるかな~なんて思っていたのですが。。

結構人恋しいぞ

人とつながっているという実感は、正しく実感なのであって、自分という存在を鮮やかにするものなんだと思う。

だからといって一人で居ない時間を持たないのは、逆に自分の存在を塗りつぶしてしまう。

料理だって、生け花にだって言えることだと思う。

素材の味を生かすために味付け或いはデコレーションをするのに、味付けをしすぎるとその素材は死んでしまう。

・・・・・・・また中庸の話になりそうだわ笑




今日は学問のその先について思うところを述べたいと思います。

学問を追求することこそが一番であり、社会の仕組みを知る事が出来るって信じてきましたが、選挙事務所で働いてみて、学問を追求するだけではこの社会の仕組みを識ることはできないと感じました。

癒着っていうのかな。

学問って言うのが、基本なら、大人社会っていうのが発展で、それをうまく生かして生きている人が応用なんかな~なんって思っています。

つまり大学生は基本から発展に上ろうとしている集団なんかなあ。。

マセてるっちゃあ、ちょこらはマセた生き方してるわ~笑

せいいっぱい背伸びした生き方なんでしょうね汗。


背伸びして、それがつらくないならいいんだけど、やっぱりそれだけの年齢に応じた経験と器量がないってのが現実。
ふう・・・
また寂しくなっっちゃったわ笑



COMMENTS (4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
休みってこんなのなのね。
ハイ、ちょこらです。
あああ、記憶の片隅にもないかもしんない。。もう更新サボリマクリングで申し訳ない・・・。

選挙、終わりましたね~。

今回は、選挙というひとつの事物を国民側からではなく、事務所で働く人間として見ましたね。
前回の参院選はテレビの前ではがゆい思いをしていましたが、今回の衆院選の結果はより親近感を持って嬉々揚々としてみまもっておりましたよん。

自民党のビラに写る小泉首相を何千人と見たか笑

よく事務所の方々に「勉強になったでしょう?」と聞かれますが、

①(毎回寝てて聞かなかった)選挙制度について本当によく知ることが出来た。
ちょこらは小選挙区も比例区すらも曖昧だった時期がありました笑
②大人社会について学んだ
③礼儀作法
④集中することの意味。
⑤選挙というものを通しての人間の姿。

主にこの5点を学びましたよ~

そして、就きたい仕事はどんなものか考えました。





何かを書こうとすると、全部を話したくて、けど、器量が足りなくって、描ききれなくて、もどかしい。
一つ一つ話したいけど、まるで芋づる。
消化不良にならないことだけを祈っていますが。。


COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
想定外の選挙。
最近ちょこらの日記でも綴っている、選挙話。

今現在の選挙関連番組は前回の衆院解散時に放映していた選挙関連番組の数の数倍だとか。

朝から政治家は引っ張りだこみたいですね。
テレビに出なきゃならんし、街頭で演説しなきゃならんし、会議も必要だ。

政治活動と選挙活動のバランスをとらなきゃいけない政治家だっていますでしょうね。(思いつかないけど)
なんだかそれが最近、受験勉強と学問の関係のように思えるんです。

学問のための受験、政治のための選挙。

政治に重きを置きたいのなら、選挙に一喜一憂していてはダメだけど、そんなのはなかなか難しい。選挙活動をほとんど何もしなくとも大丈夫なんていう政治家はなかなか居ない。

「日頃」なのかな~・・・と思うけど、それだけなのかなあ?

どんな政治家だって選挙活動をしなきゃ、市民に自分の国政における重要性は説けない。
自分という個人が、自分にしかできないことを国政で行うんだってコトを説けない。
「個性、個人」というものが政治家には必要だと私は今まで思ってきたが、
政治家皆がみなそうではない。
国政の長いものの下で一生懸命働く政治家もいると思い始めた。
それは、人としては、政策が無い、調子がいいやつという人も居る。

自分の意見はどうなのかを今から考えていこうと思います。




COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。