スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
構想でかっ。
このブログでもおなじみ。
釣り爺さんに今の私の心情を打ち明けました。

こんな答えが返ってくるだろうと想定していたんですが、それよりもっとやさしく、将来的には厳しいお言葉が返ってきて、ちょこらは愛されてる子だなあと思いました。




ちょこらの将来への構想はでかく、きっと一代では終わりません。



きっと完成されるのは、ずっと遠く先のお話です。


それでも、かなえたい。
そして、それに従事したい。


目標は変わりません。
だけど、プロセスは変化すると思います。

今までも変わってきました。
まさかこんな道になるとは思いもせず笑


遠回りだと嘆いた日もあります。
回りの責任にしたことも。
ふがいなくて泣いた日も。


all roads lead to Rome.


がんばります。

スポンサーサイト
COMMENTS (3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
前に進めない。

自分をバカだと思った瞬間。


前に進めない、自分。

進もうとしても、まだ我がある。

アホだ。


何度も繰り返してはならない。
このアホさ。


今年は否が応でも断ち切らねば。。


COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ごめんね、ありがとう

mixiというSNSで、高校時代の友人と再会しました!

大学の友人から紹介されて、細々としていましたが・・・


高校時代は、長年携わっていた生徒会からも逃げ、自分のためだけに費やした3年間。
その後、自分の思うような成果を得なかった時、私は、あらゆる人間関係から逃げようとしました。

今だから言えるけど・・・


釣り爺さん先生をはじめ、お世話になった人ですら。。


それは、成果を出す=恩に報いる、その方程式を解けなかった自分への負い目でした。


高校時代の友人から離れ、

戦友達が浪人したことをいいことに

小学校時代からの親友はほとんど浪人してしまったことをいいことに、

私は大学へと行きました。



SNSでまさか会うと思わなかった友人達。

一目みて、マイミク登録を申し込んでくれる、やさしい友人達。

もう半年以上しゃべってもないのに。

高校卒業したとき、あんなにすさんだ心を見せていた私に。


涙が出かけました。


1年経ってようやく気づいた、周りの人達の大切さ。

ごめんね、ありがとう。
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ただ今ご飯中。
訳あってただ今ご飯中のちょこらです。

今日は時間なくてレトルトのパスタだったのですが、やっぱり自分で作ったものの方がおいしいネ。



今日は来週のテストのために本を借りに図書館へ行って来ました。

最近はあまり寄り付かなくなってしまった、図書館へ。



というのも、空気の悪い、酸素の薄いあの空間は、勉強には不向きだと思うからで、また、いかにも勉強するぞ。という人からの切迫感には耐えられなかったので・・・


図書館はもともと大好きでした。

その理由は多くの人々が借りているからというトコでしょうか。

マイナーな本でさえも誰かが借りている、そして知識やその本からしか得られない感覚を体験している・・・私も負けてられない!ってとこでしょうか。


言葉で表したら、結構私って低レベルね笑


初物にこだわるタイプだったみたいです笑



COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
捜索願。
実家から電話。

「捜索願だそうかと思ったよ 笑」

そうです、そうです。

5日か4日電話してませんでしたもの・・・泣

ごめんちゃい・・

帰って勉強してコタツで睡眠。



蒲団恋しや。



近くて遠い国という表現があったように、近くてとおい蒲団。。


・・・かなしい。笑
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
神様からの贈り物。
おはようございます

今日は朝からすごいことが起きました。



mixiというサイトを紹介していただき、そこからのリンクで大変意義深い文章に出会いました。




http://coaching-m.co.jp/payforward.htm




最近思うことがあります。


ようやく他人の存在を見れ出したと。






7月、10月と私は今の彼とケンカしました。
(そのときは彼じゃなかったけど)


本当にお互い幸せになって欲しい、そのためには・・・と考える日々でした。



このテキストを読んだ今、彼にたくさん感謝をしたいとおもいました。







9月の終わり、私が大きな問題にぶち当たった時は、疲れにもかかわらず、飛んできてくれました。


そのとき、自分を責める私を、そうじゃないだろう?それはよくない。と指摘すべきところは指摘してくれました。



夜に帰る際は、家に着いたトコまで心配してくれます。



今立ち向かっている問題には、そっと見守ってくれているコトだって、今漸く気づきました。



お金のない時期は、食べ物に困ってるんじゃないかと自分ですら気づかなかった点に気づいてくれました。



京都は寒いから、コタツを買えよと押したのもそうでした。
今じゃ、コタツなしにはこの部屋に生きていられません。


彼のおかげで、背筋も伸びるようになり、シートベルトをすることも覚えました。
食事のマナーに気をつけるのも自然と身にしみました。
ちなみに、箸の持ち方を正そうと思ったのも、落胆されたくなかったからです。





そして、何がその人のために一番よいのか、考えるということも。









時として
彼を冷たい目で見ていたことがあります。






本はそれほど買わない、(多分読まない)、時としてちょっと優柔不断で、男らしさはどこいったんや!?と突っ込みたくなったりするトコ。etc・・・?←笑


彼の短所を挙げて、どーだこーだいうつもりは毛頭ありません。







しかし、だからといって、私が勝ってるなんてことはありえません。
人間生活に必要な、以上のことを教えてくれたのですから。
それは1年前の私と比べていただければ、自ずと分かるコトです。













彼が教えてくれたことは親や友人、知人が教えてくれたことともつながる以上、私は親にも友人、そして大切な師達に深く感謝したいです。


朝からすごい日でした。
COMMENTS (5) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
性について思うこと。
・・・遅すぎてあけましておめでとうございますなんて雰囲気じゃねえ笑

ま、あけおめです。笑




今日はちょこら、毒を吐きます。

或る日、
「○○ちゃんは(ちょこらの本名)は結婚するまで貞操を守ってや~
 あかんからなあ??」

といわれました。(既婚の男性、自分の父より上の方です)

一見、何の変哲もない、人生の先輩からの苦言ですよね。



確かに、女性が乱れまくった生活をしてたら、どうかと思われる、が、
愛情行為を「あかんからなあ?」というのはどうか??


うんうん、わかってるよ、乱れんなよってコトなんじゃろ?


けどさ、結婚前にだって好きな人はできるもんだし、話したい、観たい。を超えて、触れたい、抱きたい。って思いが生じるかもしんない。

それを結婚という未来に抑え付けて、結婚を美化しすぎる必要はあるんかな??と思う。

どんな恋愛だって、結婚という未来に縛り付けられず、尊く美しいものだと私は思う。
COMMENTS (3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。