スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
関が原?
実家に帰ってきて、ようやく、ネット環境が整ったわけなんですが、ちょっと、日付を戻してお話したいなあと思うことがあります。

「出会いと別れ」

季節が大きく変わる今だから、こんなに人生が変わる出会いと別れを感じられるのかもしれませんが、
ちょこらにはこの一ヶ月がめまぐるしい一ヶ月に感じられました。


考え方と環境が変われば、一変と呼んでも差し支えはないでしょう。


1つ大きな出会いがありました。
久々に「魂が感じる」人に出会いました。
その人とは、2時間くらい話したかな・・・

たぶん、私の今後の人生に大きな影響を与えるであろう人です。

芯の根本がにてる人です。
「人のためになる」仕事がしたいという根本です。

社会のあいた穴を埋める作業が仕事であるという考えのもとでは、そういうより好みは「自分探し」と称されてしまうかもしれませんが、
私自身としては、やりたい仕事=社会にあいてて、かつ、なんか気に引っかかる穴という感じです。

その人は、その穴を「教育」というスコップで埋めるんだと言いました。

私は、今、そのスコップの選択肢を迷っているところです。

自分の性分が、悩み過ぎるという点を把握してる故に、迷っているコトに迷ってしまっているのではないかとも思っているのですが。


そんな、運命的な出会いがありましたよ。



もう1つは、別れですね。

ブログをみてくれてる友達にも一ヶ月経てば分かることと思います。

それは、大学の友達にしか分からないことだとは思いますが・・・


本当にありがとう。




この件に付いては、また詳しく書こうと思います。
なんだか目的語がわからない文章で、すみません。

スポンサーサイト
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
お題:一年前の私へ、そして、一年後の私へ。
FC2のお題に挑戦してみようと思います

いや~ホント最近自省するたびに思うことですね。





一年前の私へ。

まず、お疲れ様。そろそろ、限界に来てた頃だったよね。勉強したくないとかじゃなくて、勉強も息ももうできないくらい追い詰められてたころやと思う。

今から波乱万丈で、すっごいくじけそうになるけど、大丈夫だよ。

今の私は充実してるし、貴方の描いていた「喜怒哀楽を感じられる、人間的に幸せな生活」を送れてるんだから。

その苦しさも、全て全て、私を育てるし、「全てはよくなるためにある」んだから。
だから、がんばれ。がんばれが嫌いな私から言う、がんばれ。


一年後の私へ。

どうなってるんやろ

ちゃんと黒髪なん?笑


・・・・書いたけど、キザすぎて辞めた!!笑

至誠をつくせっ!以上 笑
COMMENTS (6) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
女の一生。
モーパッサンだったっけかな、そんな小説もありましたね。


テスト期間中に男の子に誘われて、近くのファミレスで一緒に勉強してたんですが、

友人「ちょこらはさ、結婚しても仕事続けたい?」


Σ( ̄□ ̄;)!!


・・・プ、プロポーズ??

よくよく話を聞けば、彼は母子家庭でお母さんのいない家庭だったから自分が結婚したら奥さんには家に居て子供を迎えてほしいんだが、女の子としてはどういう風に見えるのかとのコト。


確かに、勉強してきたものを社会に還元できる機会は仕事をしていたほうが多くみえる。ずっとそうだと信じてきた。
きっとそうなるんだと自分でも思っていたし、他人からもそう見られてただろう。


・・・けど、どうやろう。

朝早くおきて、家族のために朝ごはんを作って、寝顔を見つつ起こして、弁当を持たせて、今日も一日無事でありますようにと祈りつつ送り出す。帰ってきたとき、ゆったりと気が休まるように、そして衛生面のことを考えて家を掃除して、洗濯をする。

昼になったら、少しは休まるかもしれない。そしたら、何か本を読んだり、資格への勉強をしたり、旦那さんと子供のために役立つ社会的な勉強をしよう。
そして、あらゆる準備をして、笑顔で迎えて、・・・


そんな生活、以前は何の変哲も無い、味気ない。と感じていた。
そう感じる人が多いのも事実だ。

だけど、それはとても幸せなことだ。
愛する人を中心に動ける生活なんだから。


そんなことを想っていると、友人が続けて話し始めた。
「有能な女性は、社会に出るべきだと思う自分もいるけどね」と。


有能な女性は社会と家庭をホントに両立させているか、家庭に没頭してるか、家庭をもたないかだと思うよ。といいかけて、辞めた。

現状を愚弄する資格なんて無い。



・・・ともかくプロポーズじゃなくて、一安心

顔を上げると、男友達は?をたくさん浮かべていた。

COMMENTS (4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
I do love coffee.
今日はたまたま用事で出かけた時、信号待ちをしてたら、目の前にコーヒー屋さんがあって、寄ってみました。

京都は小川珈琲さんが有名でいつもそこの珈琲をスーパーで安く買ってるんですが、・・・

・・・なくなっちゃった。瓶はもうカラです。


神戸のにしむら珈琲さんもかなり好きで、神戸まで買いに行きたいほどなんですが・・・まあ、無理かね笑

京都でおいしいコーヒーやさんは1つしか知らんですしなあ・・・
そこまでも電車で行かなきゃならんしね・・・


いいとこにあった!マエダ珈琲さん


NEC_0178.jpg



小川、西村、の次は前田です笑




広島で好きな珈琲屋さんは、横川という商店街にある珈琲屋さんで、(名前忘れた)かなり広い喫茶店なんですが、平日に行けば(平日にしか行ったことがないからだけど)お客さんも少なく、のんびりできちゃうんです。
好きな珈琲カップが選べるという素敵な特典つきです

確か初めて行ったときは大倉陶園のカップで頂けて・・・


あとは紅茶なんですが、中二からお気に入りのお店があります。

片田舎にあるので、隠れた名店です
丸太のログハウスにアンティーク調な家具、シンプルな陶器。

珈琲を片手に紅茶の名店を思い浮かべるなんて、浮気な私です笑

ああ、おいしかった!!NEC_0179.jpg

COMMENTS (6) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
久々?読書の記録。
そういや、読書の記録をUPしてないなあと嘉さんのコメントを見て思いました。


でも、もうちょっと待ってくださいね笑

完全に読めている本がないのです汗


留魂録を読んでるのは先日書きましたが、そのほかにも、
「人形の家」(イプセン)

「教育復興」(関口勝利著)

を読んでいるのです。

まだまだ読まなくてはならない本がたくさんあります。

しかし、実践してこそ本の価値が出る。

読んで→実践→読む→実践・・・

そんな繰り返し。

そして、人との交流で深化・進化する。

ちょこらの書への目です。




以前は読書しない人を見下げてましたよ。
ああ、人を違う観点から見るという目を持てないだろうなと。

しかし、それは違うし、いくら本を読んでいても、自分の視野でしか見てなかったら同じことだと。


一つ例を挙げます。

以前書いたかもしれませんが、私は「嫌い」という言葉が嫌いです。

嫌いなのは「あなたにとっては嫌い」だという意味なのに、どうしてさも定義かのように話すのか?と。

英語にしたらよくわかります。
I don't like…

・・・For me
とくるように。

今もそんな見方は変わりませんね。(それ自体「自分の視野でしかみてない」ということ追及されかねませんが)

自分の枠にとらわれないという終点へのプロセスは多様だということです。

COMMENTS (3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
まめっこ、ちょこら。
ちょこらはまめっこに変わりました笑 久々です、こんなに毎日更新してるのは笑

んー、今日も忙しい日だった・・・

でもやることが多くて・・・
寝ちゃあかんです!


ってことで、BGMオン!!

こっちを向いてよハニ~♪

よし、今日は倖田來未だっ♪
わくわくで起きてられそう!!

がんばるじょ~♪
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ミハエルと春
このブログでも知ってる方はご存知でしょう。

うちのチャリがミハエルという名前だということを。

先日ミハエル、はねられました。

・・・示談で済み、警察にお世話になったのも1回でよかったです。


チャリを直してもらったんですが、ええ、チャリ屋さんではなく、に笑
・・・示談金の話はお忘れください笑


で、今日は市役所に行ってきました。

市役所は大学への丘道の中腹にあるんだけど、行きは息が程よく切れるくらいしんどい甲斐もあって、帰りはさわやか
となりのトトロのめいちゃんみたいに叫びたくなるくらい気持ちがいい!


久々に乗ったチャリはいつもの目線を少しだけ上げてくれて、いつもの風景を新鮮なものに変えてくれる。
もしかしたら、振り返ったらぶつかってしまうくらい春がすぐそこまできてるから、そんな初々しさをも感じてしまうのかもしれないけども、
そんなさわやかさを自転車に乗りながら感じれるのは幸せだ。



雪の下で、寒さに身を丸めながら雪を溶かす陽を待つフキノトウの様に、もうしばらく辛抱して中身を肥ゆらせていきたい。
COMMENTS (6) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ぷくぷく。
最近ぷくぷくしたね、といわれる・・・
はい、そうっすよ、年末年始から、食べ盛りです。

・・・やばいっ。

仕方ない、世の中においしいモノがあるんだから(自己肯定)


・・動けばいいのに。と思われることでしょう笑

最近(ココ一週間)は自制し、前よりちょっとすっきりしたといわれるんで、ほっとしちょります笑


・・・中身のない話笑
COMMENTS (7) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
気分一新。
ブログがマジネタで、くら~~い雰囲気をかもし出しかけてたのでテンプレも更新!!

朝起きて、掃除もしたんで、身の回りはきっとキレイなはず~~♪


さてさて、昨晩、帰りに本屋に寄ったら、先輩がレジに!
バイト中のようです。

あんたはマジメじゃねえ~~
と、店員価格にしてくれましたvvわーいvv

先輩が居る時を見計らって、本屋に通おうかな笑

あああ、だけど、昨日買った本は

「吉田松陰 留魂録」
「春の雪」(三島由紀夫)



ファッション雑誌じゃ、ダメっすよね。ハイ。笑
COMMENTS (3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
おつかレインボー。
今日は、タメの男の子とちょっと喋りました。

同じ大学に通ってるわけじゃないんですが・・・

彼には、夢があったんだけど、それは「大志」じゃなくて「野望」だったんだと話してくれました。

野望なんて叶わない。
叶ったとしても、夢は叶わない。


それでいいのか?

かれはそんな質問を投げかけているようでした。



自分が人と話していて、成長してるかな、と実感できるのは、むしろ、批判されている時。
野望という言葉に何度胸を締め付けられたか・・・



私の夢は大志ではなく、野望と化してないか。
そんな煩悶を抱えて帰ってきました。

COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。