スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
君が好き。
4月も終わりですね。早いもんです。ちょこらの頭の中はまだ3月です。遅いです。

先日、昔のバイト先の先輩と飲みに行きました☆
9品、飲み放題2時間半で2500円。なかなかリーズナブル。

その時はなかなか濃い話をしました。

結局自分のやろうとしていることは自己愛じゃないのか。
それなら潔く撤退したいけど、自分を認めてあげたくて、というよりどうしても若干は認めてしまうから、その狭間でもがいて苦しんで辛い。という話をしたんですが。


自己愛に思われたくない自己愛だよとぶったぎられました。
オッオウ・・・

思ったことを素直に率直に言えるってすばらしい。
それで相手を傷つけるかもしれないけど、仕方のないことやと。
傷つけられないなんて偽善だ!と。


そうかもしれない、この、純度の低い利他愛が逆に人を傷つけているのかもしれない。
そう考え、ラムティーを飲み干した。
おいしかった。
スポンサーサイト
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
シュールに綴るテロ
ども、おひさです。

体がえっらい、しんどい。
ネガティヴになるなあと思い、日記に載せませんでしたが、明るくいけばきっとネタになる。

そうだな~昨日か。授業中から気分悪かったけど、まあ、がんばって、で、帰ってきてべっとにごろん。

すっきりせん。

とお風呂に入ることにしました。

吐きました。

キテルなあ・・・とかより、場所間違えたなあ・・・と思った。

苛め抜かれた体がストライキ、いや、ある意味、テロ。


何とか得た携帯。
色々考えた末、実家に。
かけてから、しくったと舌打。
救急車は・・・番号分からん。110?

もうしらん、寝よう。
お風呂から上がって、悶えながら、それでも目をつぶる。
うめく。
夜中に聞こえるうめき声、すんません。


自愛って大切ね。教訓でした。

COMMENTS (6) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ミスを感じるとき
ミスを感じるとき。           

出かけて、本を持ってくるのを忘れたとき。            
寝癖が変な方向について、直らないとき。             化粧したまま寝ちゃえって朝後悔するとき。            家にいないのに、いや、家だよ、っていって、近くを車が飛ばしていったとき。


後悔ばかりで、次はもうしないぞと天に誓わんばかりに思うのに、やっぱり繰り返す、そんな毎日。               

本を買ったり、コテでちょっと頑張ったり、化粧取っても化粧水付け忘れたり、暴走族ってうるさいね、って言ってみたり。        



        ミスは漸次改善中なんです。
COMMENTS (1) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
清様~
久々の読書記録~いってみよ~

下流社会 新たな階層集団の出現 (三浦 展著・光文社)

まだ途中~◎ 
なので敢えてコメせず笑

春の雪 三島由紀夫
映画化されたしよく知られているだろう。主人公は清顕と聡子

清顕と聡子の禁じられた恋バナなんだけど、ちょこらの目には、「人の愛し方」について書かれた本に見える。
聡子が好きだと素直に受け止められないうちは、聡子が愛してるのでなくからかっているように、つまり、聡子からの愛が屈したものに感じられる。
が、清顕が聡子への愛を感じたとき、聡子からの愛に気づく。

・・・って私は評論家か笑

愛って、愛されて気づくもののようで、愛して気づくもんなんだね~

こんなキザな台詞を書くから、ひかれるんだ、ちょこら。と声が聞こえる笑



愛されたいなら、愛せ。

与えよ、しからば、与えられん。

誰か大きな存在がそんな事をいった気もするねえ。ぶつぶつ。
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
さくら 舞い散る中に忘れた記憶と~
去年の入学シーズンによく聞いたケツメイシさくら

これが大学生か~~と新歓やコンパや説明会を第3者の観点で見ていた、まったく若さのみられない、ちょこら。

そんな思い出の強さもあってか、さくらを見るとケツメイシのさくらを口ずさんじゃうね。

さくらはホントfull in bloom、真っ盛りな時に散っていく。

それも、人々の目がそろそろ、その美しさになれた頃に。

散ることに哀しみを覚えるも、節操もないほどには騒がない。

新庄選手の引退話もそんな印象を受けた。


まるで桜のような人だ。

久々に美しい人だとうなずいた。
COMMENTS (4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
What's your dream?
なんだか、ブログがぼやきの掃き溜めになってないかと自問自答。

そんなもんだよと自問自答。

誰も見なくなるよと自問自責。

それじゃ困ると自問自焦。

ちょっとマジメな話をしよう。

what is your dream?と聞かれたらすぐ、

I want to make people be happy as possible as I can.

と答えるだろう。

幸せってホントに定義が難しい。

足りない頭で結構一生懸命考えた。

幸せって、喜怒哀楽のある中でそれでも希望を持って生きることのできる人生のことじゃないかなと。


だからちょこらは頑張る。
今はせめて周りの友達にそんな希望を与えたいから。

願わくは皆、そうなりますように。


COMMENTS (2) | TRACKBACK(1) | PAGE TOP ↑
パレート最適な世界平和
今日は大学でとても意義深い授業があった。
マクロ経済学。

うん、マグロじゃないよ。

最大多数の最大幸福

今の世界を司っている、けど、それじゃそろそろ限界かなって言葉。

民主主義を代表する言葉やから、反論できなかったけど、私自身としては好きにはなれなかった。

誰かの犠牲の上に成り立つ幸せを幸せといえるのか?


大学1回の時に習ったミクロ経済学の中に、パレート最適な資源配分という考えがある。

お互いの効用即ち欲求、幸せを最大にし、かつそれは他の誰の幸せを減じないような行動が取れる点。


イイ━━(゚∀゚)━━!!


これがきっと世界平和への一歩だyoとわっくわく♪


今日教授はのたまうた。

「マクロ経済学では、パレート最適が社会全体の効用(即ち幸せ)を最大化にしているのかとも考えます、果たしてどうなんでしょうかね。」


一人ひとりが幸せだと感じられる世界って本当に素晴らしい。

でも何を幸せとするか?そして人間の幸せだけでいいんだろうか?
そして成り立った場合、そのとき居る人間だけの幸せを追求するだけでいいんだろうか?

考えることはたくさんある。

社会全体の効用とは・・・。一体何を目指そうとしていたのか。

パレート最適な資源配分をする市場は社会全体の効用を最大化し、世界平和につながるんだろうか?



COMMENTS (5) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
ここがロドスだ、ここで飛べ。
今年は二年生。

授業の取り方は・・・まだ慣れてない。残念。

巧く単位を取る方法なんてしらん、とりあえず、方向性を揃えて授業を取るだけじゃ、わしゃ。

ということでとってみた、「キャリア開発と学生生活


授業を受けた感想は、あれ?なんか就活セミナーに来たかいね?ってかんじ。

働くとはなんか?
大学と働くことの関連性は?

とうとうと話す教授の背後からは、だんだんと後光が射す。

1拝2拍手してみようか。


「ここがロドスだ、ここで飛べ」

この言葉を知っている方がおられるだろうか?

昔、ギリシャで高飛びの上手い青年がおり、ロドスという街にある高い塔を軽々と飛び越えたと自慢していた。青年が或る都市に行った時、高飛びをしてみろと言われ、ロドスの塔の様に高くはないからたやすく飛べるから敢えてまで挑戦しないと答えたところ、ここがロドスだ、ここだ飛べといわれたそうな。


即ち、状況にこだわらず全力を出し切れということ。


授業の終盤、手帳を取り出し、先頭の頁に赤く書き込む。


まだ、桜の葉の芽は外気に触れたばかりだ。そんな姿に自分を重ねる。
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
埋まらない空間
心の中に埋まらない隙間が在る。

どうしても満たされない、欠けたスペース。


それを誰かに求めるかのように、すがる私
受け止めてくれたけど、私はまだまだ不安で。

すごく貪欲

それは埋まらないよ、きっとね、自分の中で誰かがそう言う。

代理じゃ、ダメなんだ、と。




お互いがお互いを必要とし、だけども埋まらない。

どんなに距離を縮めても。


でも今は、必要。

他に代わりは無いから。

満たされたい空間をきっちりと埋めてくれる存在はいないけど、近似値で埋めてくれる存在はいる、ってことか。

文章にして、初めて哀しい話だと気付く愚かさ

あと皮一枚と血一滴なのに、と嘆く。
COMMENTS (3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
挑戦。
ども、いろんなことに挑戦中のちょこらです。

定期のバイトに、お料理、大学で新しいことを始めたいと考えたり・・・

とりあえずやってみる。がコンセプト。

爆発しないようにスケジュールも考えながら。
そう、じゃないとね~ちょこらはアホじゃけえ、日曜まできっつきつに予定を入れて、月曜に死に掛けることもできず~、あああ~と流されちゃうんですわ。

大丈夫、前期は金土日の三連休なんだきっと死なないはず。
今年は私、収穫の年にしなくちゃいけないから大学でのほほんしてられないんさ。


勉強をおろそかにすんなよとのことですから、自分で抑制しなくてもストッパーかけてくださる方がいてるので安心です笑



今日登録したのは教育関連のバイト。

どんな返答が返ってくるか今から楽しみだ。
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
4月だよ!!
4月だよ~とうとう私も2年生・・・はえ~・・・・

2年?なにそれ?高2? いやそんな顔じゃないぜ。

なにやら変な咳が出るこの頃。 花粉症なんてトレンディーなものにはかからないこの体。

わ~~~、やば~咳とまんないじゃん、病院でも、「原因はわかりませんね~」なんていわれて益々怖くなって、・・・もう怖くて家庭の医学なんて読めないや、なんておもってるうちに治っちゃってたなんていうオチなんやろう。笑


そうそう、今日は軽蔑についてブログしたい。

軽蔑と区別の差は分かる。

just善意をもっているか否か。

どんなに大好きな人でも、軽蔑に近しい区別をしている時がある。

ああ、あの人はこうだからね~。

外側の人間が、他人を特定すると言うことだけども。

自分から見たその人と、その人の状況を見て、判断し、その人の「見えてない状況」或いは「自分が知らない状況」をカットしてしまう。

ちょこら自身がやってきたそんな裁き。

しらずしらずにそんなことをしているんではないかと振り返る。
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。