FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
今読んでる本
「セブンイレブンの16歳からの経営学」

ひょんなことから、こんな本を読んじゃってます。

すべての場所が殺伐としてて、休まるところが少ない今、相手の、顧客の立場に立って考えて市場を展開して来たセブンは今、 「強い」

右に出るものがいない限り、そして他社のコンビニが姿勢を改めない限り、セブンイレブンの勝ち市場は続くだろう。


店はビジネスだと見なされがちで、データなど数字上のハナシとされやすいが、そうじゃない、「誠実さ」が大切なんだと教えてもらった。以前、釣り爺さん先生から教えていただいた「人を動かす」、この中では、自分の目的を果たすにはまず相手の目的が成し遂げられるように話をせよとあった。きっとセブンはその発展系に相違ない。

その応用とは、相手の目的、要求を満たすのみならず、潜在的な要求も満たせば、その店と顧客のパイプは強固なものと成り得るということ。

顕在的な要求とは、ちょっとの努力で明らかになる場合があるが、潜在的な要求とはなかなか、見出しにくい。

顕在的、潜在的欲求とはなかなかむずかしい言葉で、わかりにくい。

たとえば、個人間においても、誕生日プレセントや贈り物はなかなか難しい。
こんなものほしかったんだ!!という自分でも気づかない様な贈り物ほど嬉しく、心残るものはない。

しかし、視点を変えてみよう。
顕在的な要求より、潜在的な要求を満たしてあげたいといろいろ回想したりさりげなく情報を集めたりしていても、なかなかそれをぐううっと抽出して、具体化するのは至難の業だ。

本人にも分からないものを他人が気づくというのは大変なことだ。

それを可能に出来ているセブンはビジネス界のみならず、心理学上でも大きな存在であると思い、経済+法律のみならず、心理学、人材育成のハウツウを学ぶべきだと学んだ。












・・・・・・・・・・ながいわ。笑
スポンサーサイト
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< まっすぐ生きることfrom仕事場 | HOME | 心休まる場所 >>

コメント

わしは、この歳になると、スローフード、スローライフがええね~。これからの時代はお年寄り(老人)社会だから、こちらに視点を向けたビジネスも面白いと思うよ。
【2006/03/08 11:27】 | URL | 釣りじいさん #-[ 編集] | page top↑

いまね~うちの大学の友達がお歳を召された方を対象にしたプロジェクトを立てよるよvv

いいとこに目をやったと思った。

その本の中でね、「老婦人が或る雑誌を読みたいと思ってコンビニに来たけども、売り切れで、店員にその旨を話すと、私的に毎月お取り置きしてくれると約束した。本屋には遠いが、コンビニには近いので寄りやすく大変感激されたと言う」
都市化の進む中で、こういうオアシスみたいなスポットが増えるといいとおもいました☆
【2006/03/10 01:10】 | URL | ちょこら@主 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://halseiryu.blog9.fc2.com/tb.php/128-2d2ed3d3
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。