FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
読書の記録
ちょっと本を読みました。
私という運命について 白石一文著・2005

久々に読んだ現代恋愛小説。ああ・・・このテの恋愛小説ね。ご苦労様。なーんて失礼なことを思っていた。
しかし、その印象は覆される。人が言う、“運命の人”“運命の恋”にやさしく、そして客観的に(小説に客観性なんてありえないのだが)焦点を当て見つめなおしていく一品。主人公の人生に対する葛藤を描き出す、文章の美しさは素晴らしい。
また、作者の考えを主人公が忠実に生きている気がする。
全ては運命なのであり、仕組みである、ということを感じれる一作である。

運命を信じるって、決して、あきらめたり我慢したりすることばかりじゃないでしょう?



I hope that I have a place in your heart too.
I hope that I have a place in this world too.



運命は変えられない。運命の人やコトはどんなことがあったって最後には絶対結ばれるんだから、だから、努力しよう。



http://images-jp.amazon.com/images/P/4048736078.09.LZZZZZZZ.jpg

引用文

スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< せつない、せつなさ。 | HOME | こんな時期に、こんな。 >>

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://halseiryu.blog9.fc2.com/tb.php/49-99fffafc
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。