FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
きっと、ふつうのすごしかた。

まず、語る前に今日のネタ。(お前は芸人か?)

昨日は日記を書いて、思考に耽る。
・・・・・・・朝四時になっていた!!
マッハで寝るも、


やっぱり寝坊!!
烈火のごとく準備して学校へ向かう。

ドイツ語の授業にはすっごい変人がいる。いやーそれが実に面白い。授業中(ドイツ語)当てられると、こっちがつまづいていないうちから小声で答えを言ってくれる。
先生の話は、小刻みにうなづき続けて聞く。
あまりにも美しい日本語をはなすので、

NHKのアナウンサーみたい。

・・・・彼のあだ名はNHKだ。

まあ、今日は1間しかなく、それから帰って諸事務をすますと、読書。ディケンズの「荒涼館」
読み始めて1ページもたたないうちに、ぱたりと閉じた。
何でお腹が空くんやろ。


・・・昼食べ忘れた。

そう、ちょこらは実はとっても面倒くさがり屋さん。ご飯を食べるなら自分で作るか食堂で食べるのだが・・・。昼を作る気になんて到底なれず、忘れていた。


あ、そうそう。髪切りました。長さなんて一つも変わってないのだけど。
髪を切る人と髪を洗ったり、乾かしてくれる人って違うよね。
髪を洗ったり、乾かしてくれる人は若手で修行中!って感じ。
まあ、髪を切る人はやはりベテランさん。

髪を切って、また髪を洗い直すとき、ベテランさんは若手さんに向かい、指示を残していき、最後に
血液型の話はダメだからね。
と厳しい顔で言った。

若手さんは髪を洗ってくれ、乾かしてくれたのだが、その乾かし方といったら、丁寧に丁寧に、髪を芯からあっためてくれたという感じだった。
その時間は私がいつも髪を乾かす時間の10倍。
若手さんとその間ずっと話していたのだが、ドライヤーの音で聞こえづらいこともあって。

でもちょこらは聞き返したり、耳を近づけて何とか聞こうと思った。

それはね、内容じゃなくて、若手さんの姿勢に「真心の、誠心誠意のサービス」を感じたから。

髪を乾かしてもらう時間って何もできない。携帯をいじるのもなんだ。その手持ち無沙汰の時をなんとか楽しんでもらおうとしていた。


そこは、雑誌を見させてほおっておくようなお店ではなかった。
話の途中に肩をさり気なーくさわり、凝っている人には肩もみをしてあげる。
・・・・至れり尽くせりのお店だった。

店員さんはお客さんに精一杯のサービスをする。こころから綺麗になってもらおうという思いだろうか。

そんな思いを感じた。

・・・血液型の話はしちゃだめなのは何でやろ。
ちょこら、髪を切ってくれた人に聞いてみた。

「アイツ(私の髪を乾かしてくれた人)、血液型にものすごく詳しくて、お客さんに熱く語っちゃうから、困らせちゃうからダメ!っていったんや。」

・・・そこだったか。

ちょこらはそのお店が大好きになった。すごく幸せな気持ちでいっぱいになれた。きっとまた行くんだろうな~




そうしたら、夜ご飯を食べ忘れた。(またかい!)

急いで急いで、スーパーに向かって。ついつい回り道。

高校時代よく食べた中華料理屋さんによく似たお店、ちいさなちいさな、おばんざいやさん、大学生や高校生でごったがえるお好み焼きやさん、昼間はなんだか怪しげな雰囲気をかもし出している小料理店・・・あたたかな灯がガラス窓の向こうからはんなりとみえる。

ふと、見上げた空には・・・朧月が浮かんでいた。






スポンサーサイト
COMMENTS (2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< しょぼーん。 | HOME | 書くぞー!! >>

コメント
髪、切った~~~!
わしの個人的見解では、ちょこらは、髪が長い方が好きだったんだが。ま、夏も近いことだし、いいっか。はやく、見てみたいもんだ。
【2005/05/14 11:31】 | URL | 釣りじいさん #-[ 編集] | page top↑

いや、じゃけぇね、手入れしたって感じなんよ~。なーんも長さは変わってない笑           便利だねーこれ、携帯から打てるんだよ~
【2005/05/14 16:04】 | URL | ちょこら@主 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://halseiryu.blog9.fc2.com/tb.php/9-af726aa6
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。