スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
酒好き。
え~~~周りはなぜかお酒の話ばっかしてきます笑

実家「いい日本酒が入ったんよ~6本残しておくからね」 (・・・・6!?)

友人Y&H「酔った~」

友人TとSもお酒の話をしている。


・・・類友? 類は友を呼んじゃってるんだろうか。

そうですたい、ちょこらはお酒好きですよ、ええ。

だからって・・・四方八方お酒の話って・・・笑


焼酎、ウイスキー、ビール、カクテル、日本酒、梅酒。
いろんなお酒がありますが、どーんと来い!です!笑

日本酒や焼酎といったお酒は人それぞれ好みがありますね。
洒落たお店に行けば、色んな種類を用意してくださってるものです。
ちょこらも数種ながら知っています。

ま、でも、今日はカクテルの話。

ちょこらはボストンクーラーというお酒がすごい好き。

広島の実家の近くの居酒屋で飲んだのがきっかけなんだけど、
それ以来ハマってます!

ボストンクーラーというお酒に歴史があると知ったのはちょっと前。



このアメリカ産のラムの背景は、18世紀に入って、ラムが急速にアメリカ人の間で人気を博した酒となった。
元々これはスペイン人が西インド諸島を征服し、さとうきびを栽培した頃にカリブ海の島々で造られていた酒だった。


1639年には初期のアメリカ人はラムを指す言葉として、西インド諸島の呼び名Kill-Devil(悪魔ころし)を使っていた。

ほどなく、ニュー・イングランドの商人は西インド諸島から糖密と砂糖を輸入して、これを蒸留して自分たちでつくったラム酒をアフリカ西海岸へ輸出するようになった。
   
ニュー・イングランドの船はそこで交換した奴隷を黒人奴隷を必要としていた西インド諸島で売り、糖密と砂糖とを仕入れてニュー・イングランドに戻った。


つまりニューイングランドの商人たちは三角貿易で商業的繁栄を拡大していったのである。

このニュー・イングランドで製造されたラム酒はYankee rum(ヤンキーのラム)とかsink-a-busと呼ばれた。
   
これを朝食時に一口飲むことは、当時の南部で猛威をふるっていたマラリアの予防薬になると考えられていた。
   
その後、フレンチ・インデイアン戦争で勝利を得たものの、莫大な戦費に頭を悩ませていたイギリス議会はその対策として、
   
新たな戦後法案を次々に可決していった。

その最初のものは1764年の砂糖条例であった。

これは西インド諸島から砂糖を輸入し、ラム酒を製造していたニュー・イングランドのラム醸造所を窮地に追い込む結果になった。
   
幸いなことに1722年には、多くのスコットランド系アイルランド人が新大陸に到着し、大部分がペンシルベニア州のシェナンドウア流域に定住した。

彼等は本国で長いあいだケルト族と接触していたので、ライ麦を発酵し、usquebaugh(ケルト語、「生命の泉」の意)の製造法を知っていた。
   
ラムの歴史は三角貿易の黒人奴隷の悲しい歴史なのである。

アフリカの黒人を奴隷としてカリブ海の西インド諸島に輸送し、その帰りに諸島で出来た糖蜜を積み込み、
今度はそれをアメリカのニュー・イングランドに運び出す。
ニュー・イングランドでは運ばれてきた糖蜜を降し、その代わりに糖蜜から出来たラムをふねむ積み込む。
   
そしてアフリカに戻り、運んできたラムを黒人売買のための資金としたのである。

こうした貿易の拠点となったボストンで、作られたカクテルがボストン・クーラーである。



http://plaza.rakuten.co.jp/wave821/13002より。

三角貿易と砂糖と奴隷貿易の裏で育まれてきたこのお酒。
味も、味覚同様歴史深い。

いつかまた飲める機会があったらじっくり世界史を思い出そうと思う。



スポンサーサイト
COMMENTS (3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< 100個目の記事。 | HOME | 結果。 >>

コメント

お久振りっす。 群猫です。

私もお酒好きi-190

ウイスキー、焼酎、カクテル、日本酒・・・。
何でもござれです。i-237


最近はシェーカーも買って、
カクテルを自分で作って友達に振舞う始末。。。

ちなみにお気に入りのカンパリなんかは、
1リットルのビンで部屋に置いてありますi-229



・・・で、

まぁ、久しぶりのコメントで何が言いたいのかというと、

   「類は友を呼ぶ」

ってのは普段の交友関係だけじゃなく、
ブログ仲間にも通ずるものがあるんだな。
って事。

ことわざって、今の世の中にも通用するんだなぁ。
昔の人はすごい。。。


今日の話の、ボストンクーラーi-52

以前、何を血迷ったか、
男友達とで小洒落たBERに行った事があるんですけど、
その時に友達がコレを飲んでました。

ラムって結構独特なお酒だから好き嫌いが激しいですよね。
その友達は、ボストンクーラー、結構飲みやすいと言ってました。
今度BERに行った時、飲んでみたいと思います。

そして、その時は、今日の話をパクって、
ラムの歴史を友達に話しながら飲みたいと思いますi-179 (ぉい


【2005/11/21 01:42】 | URL | 群猫 #-[ 編集] | page top↑


あ、長文駄文すんません。。。
【2005/11/21 01:53】 | URL | 群猫 #-[ 編集] | page top↑

何日も放置プレイしてごめんなさい。。

ふふ~群猫さんならこの話に食いついてきてくださると確信していましたよ☆
カンパリは最初苦手なお酒でした。
薬草みたいな味がする・・・と。

今は大人になったか、たまに飲みたくなりますね。
是非、ボストンクーラー、飲んでみてくださいi-179
【2005/11/24 01:32】 | URL | ちょこら #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://halseiryu.blog9.fc2.com/tb.php/99-7b6466ec
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。